性病にならないための性行為方法

性病にならないための性行為方法について説明していきます。性病の原因となっているのは主に性行為ですので、性病予防を意識した性行為をする事によって性病の感染を防ぐ事ができます。 そこで、性病にならないための性行為方法の1つにコンドーム着用があります。コンドームを着用する事によって性病のリスクをかなり下げる事ができます。 もちろん、100%防げるものではないですけどかなりリスクが低くなりますので一番性病予防に効果がある方法になっています。 大事になってくるのが、オーラルセックス時もきちんとコンドームを付けて行う事です。妊娠の危険がないからといってオーラルセックス時にコンドームを着用していない人が多いです。 しかし、性病に限っていえばオーラルセックスでも十分感染してしまう可能性があります。 また、女性用のコンドームというのがあります。こちらも着用するようにするとさらに性病のリスクを下げる事ができます。 また、生理期間以外で性行為するというのも大切です。生理期間中は出血しているので性病に感染してしまうリスクが上がってしまいます。 生理期間中以外で性行為をするという事も大切です。 以上が、性病にならないための性行為方法になります。
Read More