風俗嬢より素人のほうが性病感染が多い?

最近は若い人の間で性病の感染率が高まっていますが、多くの人は性病は男性が風俗を利用して感染するというイメージを持っています。 日常的に不特定多数の男性と性行為に及ぶ風俗嬢は確かに性病の感染率が高いように思われますが、実は風俗嬢よりも素人のほうが性病感染が多いということも珍しくないのです。 何故このようなことが起きてしまうのかというと、それは日常的に感染の危険にさらされる風俗嬢の方が性病に対する知識も豊富でしっかりと対策を行っているからです。 多くの人が誤解していますが、性病に感染しているとはっきりとわかる男性は風俗を利用することが出来ません。 風俗嬢は性病に関する知識を持っていますので、お客が性病に感染しているかどうか判断することが出来るからです。 また、万が一にも性病に感染しても定期的に検査を行っているので風俗嬢は性病に感染するリスクが少なくなっているのです。 対して素人の場合は性病に関する知識を持っていない人も少なくありません。 また、パートナーへの信頼からコンドームを使用せずに性行為に及んでしまうことも多いのでどうしても性病に感染する確率が高いのです。 もし異常を感じたらすぐにでも病院で検査を受け、パートナーへの感染を防ぐように心がけましょう。
Read More

男性と女性で性病の違いはあるのか

男性と女性の性病の違いについて説明します。 性感染症の分野では、男性と女性で違う取扱い方をします。 なぜなら、男性と女性では性器の構造が違うからであり、感染の確立や症状などが異なるケースが多いからです。 当然、男性と女性でかかりやすい性病も違います。 男性の場合かかりやすいのは、淋病、尖圭コンジローマ、クラジミアなどがあります。 男性の場合、性器が露出しているので通常は病原体が感染しにくく、早期発見もしやすいのが特徴です。 予防法としては、やはりコンドームなどの着用でしょう。 一方女性のクラジミアは、感染しても気づかないことが多く、症状もおりものが増えたり、下腹部に痛みがでる程度で自覚症状がほとんどないため、放置しがちです。 そのため、パートナーに性病を映してしまうこともあるそうです。 また、女性特有の性病として、トリコモナスやカンジタ症があります。 その症状は、おりもののにおいや色が違うという変化が現れることです。 また、オーラルセックスによって、のどの部分にクラジミア、淋菌感染症になっている人もおり、梅毒、けじらみ、性器ヘルペス、コンジローマなどもあります。 予防法としては病院などで定期的に検査することによる早期発見や、コンドームの使用などがあげられます。
Read More